新規借入が厳しくなった

新規借入が厳しくなった

最近になってクレジットカードなどの消費者金融に対する法律が変更になりましたが、それにともなって新規借入が厳しくなった言う話題がよく上っています。

 

しかし、実際は審査そのものは以前と変わないのです。

 

このクレジットカードの審査とはどういうものなのかというと、まずは他社からの複数の借り入れが無いかどうかの問題です。

 

借金というのは当然ですが返済をする必要があります。

 

この返済を行う際に他社からの借り入れ金額が利用者の収入に対して1/3を超える場合に新規カード発行が行えないという結果がおこります。

 

また、収入そのものも誤解されがちなのがアルバイトなどの非正規社員の場合には審査が通らないという誤解が多くありますが、実際はアルバイトや契約社員などの非正規雇用でも問題なく新規借入を行うことが可能です。

 

しかし、自営業などの場合には条件が金融会社によって若干異なるので各会社の条件を確認するのが無難です。

 

また無職の人の場合や過去に滞納していたり自己破産を行っている人の場合には、法律変更前と変わらず信用情報を確認した上で一定期間の新規借入が、行えないようになっています。法律で変更されたのは主に利息と言われる、借入に対して発生する手数料の問題だけなのです。

 

今まではグレーゾーンと言われる利息部分が有りましたが、この法律改正に伴い問題ない範囲というのがハッキリと別れただけというのが実際の所です。

 

また、最近では専業主婦などの職を持たない人でも世帯そのものの収入によっては、借り入れが行えるというケースも多くあります。

 

更にクレジットカード会社そのものも、利息そのものが一定に変わった為にその会社独自のサービスなどを提供していることが多くあります。その為、利用する場合には適当に決めてしまうのではなく、各会社のホームページや口コミサイトなどを確認した上で新規契約を行うのが無難です。

 

特に最近は口コミサイトなども多くあるため、簡単に調べることが可能になっています。

 

【おすすめサイト⇒】クレジットカード野郎